三次元加飾

三次元加飾製法

特許第5821102号

凹凸模様と色彩を成形と同時に転写する世界で初めての技術です。

今までにない高い質感をもった表面デザインを実現。凹凸模様と絵柄を同時成形で製品に転写が可能になりました。フィルムを替えるだけで色々な凹凸模様に対応可能で高級感のある本物の質感に近づくことができる画期的な技術です。

加飾の分類

kasyoku_2

特許概要

高意匠性の実現

  • ウレタンRIM成形は樹脂温度、成形圧力共に低い。
  • オレフィン系フィルムが加飾フィルムとして適用できます。
  • 加飾フィルムに凹凸模様を加工し絵柄をつける。
  • オレフィン系フィルムだから加飾層は剥離しやすい。
  • ウレタンは接着良好な事から接着層は不要です。
  • フィルムを替えるだけで凹凸模様も絵柄も替えられます。
  • 高級感のある本物の質感に近づくことができます。

硬質・軟質両方の製品にも対応可能

  • 硬い成形品でも柔らかい成形品でもこの技術は適用できます。
  • INJ、塗装では不可能な加飾賀可能です。
  • デザインの自由度が大幅に高まります。