世界で類を見ないウレタン成形技術 プロト技研は、新しい製法に限りなき挑戦を続けていきます。お客様のニーズに斬新なアイデアでお応えします

ウレタン成形の特許技術

三次元加飾

特許第5821102号 凹凸模様と色彩を成形と同時に転写する世界で初めての加飾成形技術です。今までにない高い質感をもった表面デザインを実現。凹凸模様と絵柄を同時成形で製品に転写が可能になりました。フィルムを替えるだけで色々な凹凸模様に対応可能で高級感のある本物の質感に近づくことができる画期的な技術です。硬質ウレタン成形・軟質ウレタン成形に応用可能です。

離型剤レス

特許第5618281号 成形表面に離型性のよい熱可塑性樹脂の皮膜を形成し、閉じた金型の空間にウレタンを注入し成形する技法です。仕上げ工程が不要で加飾性がアップし、かつ大幅なコストダウンが可能で、硬質ウレタン発泡成形では特に効果があります。また、仕上げレスで作業環境が向上します。

メッキ

特許第5618282号 成形表面にカーボン粉末を混入させた離型性のよい熱可塑性樹脂の皮膜を形成し、閉じた金型の空間にウレタンを注入し成形する技法です。従来のABSメッキラインが活用でき3kg/cm²の低圧成形でメッキ製品を成形することができます。

プロト技研オリジナル製品

  • くつろぎシリーズ
  • ウレタン畳施工例
  • ウレタン畳施工例
生活防水・抗菌ウレタン畳&マット くつろぎシリーズ

従来の畳やマットに欲しかった、「あったらいいな」をカタチにしました

薄くてバリアフリーに対応、軽くて女性でも持ち運びが楽にでき、水洗いが可能で汚れに強く、転んでも怪我のリスクを抑えてくれる。従来の畳では考えられなかった、そんな夢のような畳ができました。

ウレタン成形メーカーである(株)プロト技研が作るくつろぎシリーズの素材はウレタン100%。高反発性ウレタンですので、衝撃を吸収・反発し、体への負担を軽減してくれるとともに、足当たりや使い心地がやさしいのが特徴です。

老人介護施設のご利用者様からの様々な「あったらいいな」のお声をもとに製品開発に取り組んでまいりましたので、ご年配の方はもちろん、赤ちゃんや小さなお子様、お体の不自由な方にもお手軽にご安心してお使いいただけます。

もっと詳しく

プロト技研が選ばれる理由

技術力

開発型のウレタン成形メーカーです。基本となる三つのコア技術を確立し国内外に特許を成立させています。このコア技術と現在進めているロータリー成形マシンにより更なる成形性と生産性を向上させ少/中量・多品・混合生産技術を確立させる為に技術開発を展開しております。

インモールドコート

成形金型内で成形と同時に成形品表面に塗膜を形成する技術で軟質ウレタンの成形品、硬質ウレタンの成形品に適用しています。あらかじめ金型表面にウレタン塗料を塗布し塗膜を形成した後、成形する成形方法です。

材料の内部開発

弊社はウレタン材料を内部開発しており、硬質ウレタンにウレタンウレア樹脂を使用し材料物性を向上させています。成形材料としては剛性・耐熱性の高い自動車のグリル用材料相当(ABS樹脂相当)の硬質ウレタンと靭性が高く粘り強い自動車のバンパー用材料相当(PP相当)の硬質ウレタンを開発させてあります。更にこの樹脂を水発泡させ軽量・高剛性・高断熱の硬質ウレタン発泡に適用させる事が可能です。

金型の内製化

成形型は少量生産用型としてエポキシ樹脂による樹脂型を内製化しています。樹脂型の寿命は形状にも左右されますが3000ショット位の耐久内容のアイテムに使用し、数量が多く生産性を高める為に一般的にはアルミ型をおすすめしております。大きな成形品には型費低減効果を狙ったアルミ鋳物でも型製作を行っております。

成形から塗装までの一貫生産

弊社では成形材料のブレンド及び高圧RIM成形、低圧RIM成形で硬質ウレタン成形、軟質ウレタン成形、又これらの発泡成形を行っております。型内塗装(モールドコート)、三次元加飾成形、型外塗装、静電塗装、装飾メッキと成形品に応じて色々な加飾を提案しています。

少、中量・多品種生産

大型成形品等で小量な生産はプレス方式の型締め機で成形を行い小、中型成形品等で中量の生産はロータリーマシン方式で生産性を向上させ廉価な成形品価格を目指して生産しております。